各課から探す

介護保険で受けられるサービス

介護保険で受けられるサービス

介護保険で受けられるサービスには、家庭など主に自宅で利用する「在宅サービス」と、施設に入所して利用する「施設サービス」があります。
「在宅サービス」は要支援・要介護と認定された方が、支給限度額の範囲内でサービスを利用できます。介護保険サービスを受けたときの自己負担は1割又は2割です。
「施設サービス」は利用する施設や要介護状態区分に応じた介護報酬により利用額が決まり、要支援の方はご利用できません。
「在宅サービス」と「施設サービス」の種類については以下の表のとおりです。

要支援1~2と認定された方の在宅サービス

介護予防支援(介護予防ケアマネジメント)

地域包括支援センターの保健師等が、本人、家族との話し合いにより、利用者の情報を把握、課題を分析し、利用者とともに目標を設定します。
目標の達成にむけた支援を検討し、介護予防サービス計画を作成します。(利用者負担はありません)

介護予防通所介護

デイサービスセンターなどに通い、食事、入浴等の基本的サービスや、生活行為向上のための支援を行うほか、その人の目標に合わせた選択的なサービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上、アクティビティなど)を提供します。

介護予防通所リハビリテーション

老人保健施設や医療機関などで、日常生活上の支援やリハビリテーションを行うほか、その人の目標に合わせた選択的なサービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上)を提供します。

介護予防訪問介護

利用者が自力では困難な日常生活上の行為について、同居家族の支援などが受けられない場合に、ホームヘルパーが家庭を訪問し支援します。

介護予防訪問入浴介護

居宅に浴室がない場合や、その他施設等の浴室の利用が困難な場合などに限定して、訪問による入浴介護が提供されます。

介護予防訪問リハビリテーション

在宅での生活行為を向上させる訓練が必要な場合に、理学療法士や作業療法士が訪問し、短期集中的なリハビリテーションを行います。

介護予防訪問看護

看護師等が訪問し、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助を行います。

介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが訪問し、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行います。

介護予防福祉用具貸与

要支援者の自立支援に効果のある福祉用具を貸与します。

  1. 手すり(工事を伴わないもの)
  2. スロープ(工事を伴わないもの)
  3. 歩行器
  4. 歩行補助つえ
特定介護予防福祉用具販売

*事前にご相談ください。

下記のものについては、購入費の一部を支給します。(年度10万円)

  1. 腰掛便座
  2. 自動排泄処理装置の交換可能部品
  3. 入浴補助用具
  4. 簡易浴槽
  5. 移動用リフトのつり具

*都道府県の指定を受けていない事業者で購入した場合は支給されませんのでご注意ください。

介護予防住宅改修費支給

*事前に申請が必要です。

自宅の廊下や階段に手すりを取り付けたり、段差を解消するためのスロープを設置した場合など、下記の小規模な住宅改修に対してその費用の一部を支給します。(上限20万円  ※引っ越した場合、要介護状態区分が大きく上がったときは、再度の給付を受けられる場合があります。)

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
介護予防短期入所生活介護 介護予防短期入所療養介護

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や、介護老人保健施設、介護療養型医療施設に短期間入所して、介護予防を目的とした支援や機能訓練などが受けられます。

介護予防特定入所者生活介護

介護サービスを提供する特定施設として指定を受けている有料老人ホームなどに入所している高齢者に、介護予防を目的とした日常生活上の支援や介護を提供します。

要介護1~5と認定された方の在宅サービス

居宅介護支援(ケアプラン作成)

サービス提供機関と連絡調整をしてケアプラン(介護サービス計画)を作成します。
利用者負担はありません。

訪問介護(ホームヘルプ)

ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、家事や食事、入浴などの日常生活の手助けを行います。

訪問入浴介護

寝たきりの方などの家庭に、入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車で訪問し、入浴の介助を行います。

訪問看護

訪問看護ステーションなどの看護師等が家庭を訪問し、療養上の世話を行います。

訪問リハビリテーション

医療施設の理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問し、日常生活の自立を助けるためのリハビリテーションを行います。

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどに通い、食事、入浴、日常生活訓練などのサービスを日帰りで受けられます。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設、病院、診療所などに通い、日常生活を送るためのリハビリテーションなどのサービスを受けられます。

短期入所生活介護(ショートステイ)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に短期間入所し、日常生活上の介護が受けられます。

短期入所療養介護(ショートステイ)

介護老人保健施設、介護療養型医療施設に短期間入所し、機能訓練や介護が受けられます。

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問し、医学的な管理や指導を行います。

福祉用具の貸与

*要介護1の人は☆印の福祉用具は原則として保険給付の対象となりません

対象品目は以下の12種類です。

  1. ☆車いす
  2. ☆車いすの付属品(クッション、電動補助装置など)
  3. ☆特殊寝台
  4. ☆特殊寝台付属品(マットレス、サイドレールなど)
  5. ☆床ずれ防止用具(エアマットなど)
  6. ☆体位変換器
  7. 手すり(工事を伴わないもの)
  8. スロープ(工事を伴わないもの)
  9. 歩行器
  10. 歩行補助つえ
  11. ☆認知症老人徘徊感知機器
  12. ☆移動用リフト
特定福祉用具販売

*事前にご相談ください。

下記のものについては、購入費の一部を支給します。(年度10万円)

  1. 腰掛け便座
  2. 自動排泄処理装置の交換可能部品
  3. 入浴補助用具
  4. 簡易浴槽
  5. 移動用リフトのつり具

*都道府県の指定を受けていない事業者で購入した場合は支給されませんのでご注意ください。

住宅改修費の支給

*事前に申請が必要です

自宅の廊下や階段に手すりを取り付けたり、段差を解消するためのスロープを設置した場合など、下記の小規模な住宅改修に対してその費用の一部を支給します。(上限20万円  ※引っ越した場合、要介護状態区分が大きく上がったときは、再度の給付を受けられる場合があります。)

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
特定施設入所者生活介護

有料老人ホームなどに入所しながら介護サービスを受けます。

地域密着型サービスとは

認知症をはじめ、高齢者が住み慣れた地域での生活を継続するために、身近な生活圏域ごとに、地域の実情に合わせ自治体の裁量で整備するサービスです。

  1. 認知症対応型通所介護 (注1)
  2. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム) (注2)
  3. 小規模多機能型居宅介護
  4. 夜間対応型訪問介護
  5. 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
  6. 地域密着型特定施設入居者生活介護
  7. 地域密着型通所介護(平成28年4月以降)
  • (注1)認知症対応型通所介護(要支援1・2、要介護1~5)

    認知症の人が日帰りで専門的な支援を受けられるものです。

  • (注2)認知症対応型共同生活介護(要支援2、要介護1~5)

    認知症の人が共同生活し、専門的な介護を受けます。
    *要支援1の方は利用できません

*長泉町では1、2、7の3種類が利用できます。

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

寝たきりや認知症で常時介護が必要で、自宅での介護が困難な人が入所し、食事、入浴、排泄など日常生活に必要な介護や療養上の世話が受けられます。

※介護老人福祉施設は、原則要介護3以上の認定を受けた人がサービスを利用できます。
なお、要介護1または2の認定を受けた人は、居宅において日常生活を営むことが困難で、やむを得ない事由があり、要件を満たせば、入所が認められることがあります。

介護老人保健施設(老人保健施設)

病状が安定している人に対し、医学的な管理のもとで看護や機能訓練、日常生活の介護を行い、家庭への復帰を支援します。

※介護老人保健施設は、要介護1以上の認定を受けた人がサービスを利用できます。

介護療養型医療施設 (療養型病床群等)

急性期の治療が終わり、療養や介護が必要な場合に入所し、療養上の管理、看護、医学的な管理下の介護や機能訓練などが受けられます。

※介護療養型医療施設は、要介護1以上の認定を受けた人がサービスを利用できます。

このページに関するお問い合わせ

部署名
長寿介護課
電話
介護保険チーム:055-989-5511
高齢者支援チーム:055-989-5537
長泉町地域包括支援センター:055-989-5519
ファックス
055-989-5515
メールアドレス
介護保険チーム:kaigo@nagaizumi.org
高齢者支援チーム:kaigo@nagaizumi.org
長泉町地域包括支援センター:tiikihoukatu@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る