各課から探す

脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症とは、何らかの理由で、脳・脊髄周囲にある脳脊髄液が持続的ないし断続的に漏出することによって減少し、頭痛、頚部痛、めまい、耳鳴り、倦怠感などの症状がみられる疾患です。発症原因は、交通事故、スポーツ外傷、転倒などがあげられますが、原因が不明の場合もあります。
詳細は、下記リンク先をご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

部署名
健康増進課保健支援チーム
電話
055-986-8760
ファックス
055-986-8713
メールアドレス
kenko@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る