各課から探す

最終更新日:2016年9月15日

B型肝炎予防接種について

平成28年10月1日から、B型肝炎予防接種が定期接種になります。

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。ワクチンを接種することで免疫ができ、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、そのまま感染している状態(キャリアといいます)を防ぐことができます。

※予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫ができないこともあります。

 

対象者/町内に住所登録のある、平成28年4月1日以降に生まれた方で1歳未満の方

※母子感染予防のため抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険が適応されるため対象外となります。

 

回数/1歳になる前に3回(標準的には生後2か月~9か月に至るまでの間)

 

接種方法/対象者には接種券を個別送付します

    ①接種券②母子健康手帳③保険証④こども医療費受給者証をお持ちの上、指定医療機関で接種を受けてください。

    ※指定医療機関は、送付した案内をご覧ください。

    ※長泉町・清水町・沼津市・裾野市以外の医療機関で接種を希望の場合は、別途手続きが要りますので、

     ①接種券②母子健康手帳をお持ちの上健康増進課(ウェルピアながいずみ内)におこしください。

     ※転入(ひっこしてきた)の方で長泉町の接種券をお持ちでない方は、母子健康手帳をお持ちの上健康増進課(ウェルピアながいずみ内)までおこしください。

 

 接種間隔/1回目接種→27日以上あけて→2回目接種

      1回目接種→139日以上あけて→3回目接種

   3回分の接種を終えるまでには半年近くかかります。1回目を早めに接種し、接種日程に気をつけましょう。

 

ワクチンについて/不活化ワクチンです。このワクチン接種後は、6日以上あければ他の予防接種ができます。

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

部署名
健康増進課保健支援チーム
電話
055-986-8760
ファックス
055-986-8713
メールアドレス
kenko@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る