各課から探す

後期高齢者医療制度について

平成20年4月1日から、これまでの老人保健制度に代わるものとして、「後期高齢者医療制度」が始まりました。

対象となる方

  • 75歳以上の方全員(75歳の誕生日当日から対象となります。)
  • 65歳以上で身体障害者手帳1~3級(および4級の一部)を交付されている方で、申請をされた方
  • 65歳以上で障害年金1級または2級を受給されている方で、申請をされた方

保険証について

  • 保険証は、藤色のカードです。(有効期限は平成27年7月31日まで)
  • 今後75歳になる方は、75歳の誕生月の前月に保険証を交付します。75歳の誕生日から新しい保険証で治療を受けて下さい。

*平成27年8月1日からは、緑色のカードにかわります。

保険証(藤色)

保険料(平成28年度)

  • 保険料は各都道府県の広域連合ごとに決定します。静岡県は基本料金ともいえる均等割額(年間39,500円)と、個人の前年の基礎控除(33万円)後の総所得金額等に広域連合ごとに決められた保険料率(7.85%)を掛けて求める所得割額を合算した金額が、一人当たりの年間保険料となります。ただし、均等割額については、所得に応じた軽減措置があります。
  • 保険料は原則的に年金から差し引きます。ただし、年金額が年額18万円未満の方、介護保険料と合わせた合計額が年金額の2分1のを超える方は、納付書や口座振替で納めます。

軽減措置について

  • これまで、健康保険組合や共済組合などの被扶養者となっていた方は、保険料の均等割が9割軽減され所得割はかかりません。

*これまで国民健康保険をお使いいただいていた方は、この軽減措置には該当しません。

  • 所得が一定基準以下の方も、世帯の所得に応じて均等割分の9割、8.5割、5割、2割が軽減されます。

所得区分について

(低所得者2、1の数字は、正しくはローマ数字です。)

所得の状況に応じて、医療費の自己負担割合や負担額、限度額が変わってきます。その区分は、以下に示すとおりです。

現役並み所得者

  • 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の後期高齢者医療制度を受けている人がいる人。
  • ただし、後期高齢者医療で医療を受ける人の収入合計が、1人で383万円未満の人、2人で520万円未満の人、及び1人で収入が383万円を超える場合であっても、世帯内にいる70歳以上75歳未満の人がいる場合、その人の収入も含め520万円未満の人は申請によって「一般」の区分となります。

一般

  • 現役並み所得者、低所得者2、低所得者1以外の人。

低所得者2

  • 世帯の全員が住民税非課税の人(低所得者1以外の人)。
  • 窓口負担割合は1割ですが、高額医療費の限度額および入院時の負担額が「一般」より低く設定されています。

低所得者1

  • 世帯の全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いた時に0円となる人。
  • 窓口負担割合は1割ですが、高額医療費の限度額および入院時の負担額が「一般」「低所得者2」より低く設定されています。

医療費(自己負担割合)

現役並み所得者
3割
一般
1割
低所得者2
1割
低所得者1
1割

医療費(入院時の食事代)

  • 入院したときの食事代は、1食あたり、以下の標準負担額を自己負担していただきます。
  • 低所得者2・1の人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。
    長泉町役場の福祉保険課保険年金チームに申請してください。
入院時食事代の標準負担額(1食あたり)
現役並み所得者
260円
一般
260円
低所得者2
210円(90日までの入院)
(過去12ヶ月の間で90日を超える入院:160円)
低所得者1
100円
療養病床に入院する場合の食費(1食) 居住費(1日)の標準負担額
区分 食費(1食) 居住費(1日)
現役並み所得者 460円(*) 320円
一般 460円(*) 320円
低所得者2 210円 320円
低所得者1 130円 320円
うち、老齢福祉年金受給者 100円 0円

*一部医療機関では420円になります。

入院医療の必要性の高い状態が継続する患者や回復期リハビリテーション病棟に入院している患者については、上記の「入院時食事代」の標準負担額を自己負担します(居住費負担はありません)。

高額療養費

医療費の自己負担額が1ヶ月(同じ月内)につき以下の限度額を超えた時は、申請により、超えた分の払い戻しが受けられます。

  • 長泉町では、対象者の方が高額療養費に該当する場合は、通知によりお知らせさせていただきますが、実際に医療を受けた約2ヵ月後の通知となりますのでご了承ください。
外来(個人単位)
現役並み所得者
44,400円
一般
12,000円
低所得者2
8,000円
低所得者1
8,000円
外来+入院(世帯単位) 外来を適用後に適用。

低所得者2・1の人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。長泉町役場の福祉保険課保険年金チームに申請してください。

現役並み所得者
80,100円+(医療費−267,000円)×1%
一般
44,400円
低所得者2
24,600円
低所得者1
15,000円

後期高齢者医療制度の啓発冊子

  • 静岡県後期高齢者医療広域連合が作成したパンフレットはこちら(外部サイトPDF)
  • 静岡県後期高齢者医療広域連合が作成した対象者向け小冊子はこちら(外部サイトPDF)

後期高齢者療制度の保険料について

  • 保険料は、静岡県後期高齢者医療広域連合が決定します。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

部署名
福祉保険課 保険年金チーム
電話
055-989-5513
ファックス
055-989-5515
メールアドレス
fukushi@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る