各課から探す

国民健康保険とは

国民健康保険は、突然の病気やケガに対して、安心して医療が受けられるように、日頃から保険税を出し合い、 お互いに助け合うという医療保険制度のひとつです。 医療保険は、会社の健康保険や市町村の国民健康保険などがあり、 いずれかの保険に加入しなければなりません。

国民健康保険の加入対象者

日本国内に住所があり、職場の健康保険などの医療保険に入っていない全ての方(生活保護を受けている方を除く)

退職者医療制度

会社などを退職して、国保に加入された方とその被扶養者の医療給付費は、退職者自身が負担する保険税と各種被用者保険からの拠出金で賄われます。本制度は平成26年度末で廃止されますが、既に対象となっている方は、65才に達するまで引き続き制度の対象になります。

退職者医療制度の被保険者

厚生年金や各種の共済組合などから退職年金を受給しており、

  • 年金制度(国民年金を除く)に加入していた期間が20年以上ある方
  • 又は40歳以降の期間が10年以上ある方

退職者医療制度の被扶養者

国保に加入し、退職被保険者と生活をともにし、主として退職被保険者の収入によって生計を維持している方

*上記内容の該当者のうち65歳未満の方

このページに関するお問い合わせ

部署名
福祉保険課 保険年金チーム
電話
055-989-5513
ファックス
055-989-5515
メールアドレス
fukushi@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る