各課から探す

公共交通機関運賃等の減免や割引

障害者手帳を交付された方は、障害の程度や世帯の所得などにより、次のようなサービス料金の割引・減免が受けられます。

(1)障害手帳で受けられる主な制度の一覧表

該当します。
条件により該当することがあります。
制度名 内容 身体障害者手帳 療育手帳 精神障害者
保健福祉手帳
1級 2級 3級 4級 5級 6級 A B 1級 2級 3級
鉄道・JR・私鉄 運賃割引
県内バス 運賃割引
航空(国内線) 運賃割引
タクシー 運賃割引
運賃割引
有料道路割引 通行料割引
タクシー券 タクシー券配布
駐車禁止規制緩和 適用除外
標章交付

(2)鉄道(JR・私鉄)運賃の割引

割引対象区分 券種 割引率
本人 介護者
第1種
療育A
単独利用 普通(片道100kmを超える場合) 50%
介護者あり 普通、定期、回数券、急行 50% 50%
第2種
療育B
単独利用 普通(片道100kmを超える場合) 50%
介護者あり
(12歳未満)
定期 50%

*精神障害者保健福祉手帳所持者は、本人を対象に、一部私鉄のみ適用されることがあります。

利用のしかた

購入・支払時に障害者手帳を提示してください。

(3)県内バス運賃の割引

割引対象区分 券種 割引率
本人 介護者
第1種
療育A
単独利用 普通、定期(割引率30%) 50%
介護者あり 普通、定期(割引率30%) 50% 50%
第2種療育B
精神保健福祉手帳
普通、定期(割引率30%) 50%

利用のしかた

購入・支払時に障害者手帳を提示してください。

(4)航空(国内線)運賃の割引

運送事業者又は路線によって異なりますので、詳細は各種運送事業者にお問い合わせください。
割引乗車券は、各販売窓口で障害者手帳を提示し購入してください。
小児(12歳未満)については、小児定期券及び小児航空券に対して、本人の上記割引は適用されません。

(5)タクシー運賃の割引

身体障害者手帳又は療育手帳を所持している方がタクシーを利用される場合、メーター料金の10%が割り引きされます。

利用のしかた

タクシーに乗車するときに、障害者手帳を乗務員に提示してください。

(6)船舶運賃の割引

割引対象区分 券種 割引率
本人 介護者
第1種
療育A
単独利用 乗船券 50%
介護者あり 50% 50%
第2種
療育B
50%

利用のしかた

購入・支払時に障害者手帳を提示してください。

(7)有料道路料金通行料の割引

通学・通院等の日常生活で有料道路を利用する場合、障害の程度により通行料の割引が受けられます。
障害者手帳に、対象となる自動車のナンバーを登録します。

対象者

自分で運転する場合

身体障害者手帳所有者

介護者が運転する場合

重度の身体障害者又は重度の知的障害者
*手帳の「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額」欄が「第1種」の場合又は療育手帳A判定

対象となる自動車

自動車検査証の所有者が、(本人、配偶者、子、兄弟、兄弟の配偶者、同居の親族)名義の自動車

*自家用・個人名義であること *障害者1名につき、1台まで

割引の受け方

手帳の証明を受けた箇所を料金所で提示すると、通常料金が半額となります。

割引有効期間

手続きを終了した日から数えて3回目(新規は2回目)の誕生日まで

*更新の手続きは、有効期限の2ヶ月前から申請できます。

申請

*申請に必要なもの

  • 申請書(書式は役場にあります。)
  • 身体障害者手帳または療育手帳
  • 自動車検査証又は軽自動車届出済証
  • 運転免許証(障害者が自分で運転する場合)

*ETCを利用する場合は、上記以外に以下のものが必要です。

  • ETCカード(障害者本人名義又は未成年障害者の親権者名義)
  • ETC車載器セットアップ申込書又は証明書

お申し込みは、福祉保険課 福祉チーム(TEL:989-5512)まで

(8)障害者タクシー利用助成

在宅の障害者が安心して通院や社会活動に参加できるように、タクシー利用券を発行し、運賃の一部を助成します。

対象者

  • 身体障害者手帳1・2級、肢体不自由下肢3級又は肢体不自由下肢4級
  • 療育手帳A判定所持者
  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級所持者

*施設入所者は対象となりません。
*自動車税の減免を受けている方は対象となりません。
*世帯に町民税所得割が235,000円以上の方が居る場合は、対象となりません。

割引の受け方

タクシーを降りるとき、運転手に障害者手帳を提示し、氏名を記載したタクシー利用券(1人年間24枚)を1枚渡すと、小型基本料金相当額が割引されます。

申請

*申請に必要なもの

お申し込みは、福祉保険課 福祉チーム(TEL:989-5512)まで

(9)駐車禁止適用除外標章の交付

歩行が困難な身体に障害のある方には、公安委員会の駐車禁止規制の適用が除外されます。

対象者

静岡県道路交通法施行細則(別表第1)
身体障害者及び戦傷病者で歩行が困難な者の障害区分表(平成21年4月1日施行)
障害の区分 障害の級別
視覚障害 1級から3級までの各級及び4級の1
聴覚障害 2級及び3級
平衡機能障害 3級
上肢不自由 1級、2級の1及び2級の2
下肢不自由 1級から4級までの各級
体幹不自由 1級から3級までの各級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 1級及び2級(—上肢のみに運動機能障害がある場合を除く)
移動機能 1級から3級までの各級
心臓機能障害 1級及び3級
じん臓機能障害 1級及び3級
呼吸器機能障害 1級及び3級
ぼうこう又は直腸の機能障害 1級及び3級
小腸機能障害 1級及び3級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1級及び3級までの各級
肝臓機能障害 1級及び3級までの各級

*上記「別表第1」以外で駐車禁止除外標章の交付対象者は、以下に該当する方です。

  1. 療育手帳の交付を受けている者のうち、知的障害の程度が重度(A)と判定された者。
  2. 小児慢性特定疾患児手帳の交付を受けている者のうち、色素性乾皮症患者。
  3. 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者のうち、1級の障害と判断された者。

ご相談は、裾野警察署 交通課(TEL:995-0110)まで

このページに関するお問い合わせ

部署名
福祉保険課
電話
055-989-5512
ファックス
055-989-5515
メールアドレス
fukushi@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る