各課から探す

交通安全

はしがき

長泉町は、急速な道路交通網の発展により便利な生活環境が整備されつつありますが、道路整備により、車のスピードは加速し園児や児童、高齢者などの交通弱者の危険は増すばかりです。長泉町では、自治会の協力を経て交通安全施設の整備や施設点検等を行い、静岡県交通安全協会の交通安全指導員と長泉町交通指導員による交通安全教育活動を実施しています。その他にも、年4回実施される交通安全運動での広報啓発活動を実施しています。このページは、多くの方に交通安全に対する興味をもっていただき、日々の交通安全に役立てていただきたいと思います。

長泉町交通指導員会

長泉町交通指導員会は、昭和42年に町長から委嘱された35名で発足し、平成19年に40周年を迎えました。平成2年からは、高齢者、園児、児童を対象とした交通安全教室等で交通指導を行う女性指導員の導入や平成8年の交通事故総量削減県民運動に対応した人員増強を図り、現在男性45名、女性10名の55人体制で活動を行っています。

長泉町交通指導員会

主な活動は、通学路となっている町内20箇所の主要交差点での街頭指導、交通安全運動期間中の夜間街頭監視、町や自治会の各種行事における交通指導、女性指導員による小学生、町内各区の高齢者を対象とした交通安全教室の開催、高齢者宅への訪問活動、小学校での自転車の正しい乗り方の指導など、交通事故を防ぐ活動は多岐に渡ります。

長泉町交通指導員会

長泉町では、新東名高速道路や東駿河湾環状道路の開通、都市計画道路の整備により町内を通過する車両が増加しています。また、マンション等の建設により町内人口の増加とともに通学児童も増え、交通指導員の役割は益々重要となってきます。

今後も、地域住民に対する交通安全の普及啓発活動や通学路における児童の保護誘導活動を通じ安全な歩の習慣化を図るとともに正しい交通ルールを指導し、交通事故の防止活動に努めていきます。

長泉町交通指導員会

長泉町内交通事故状況

長泉町は、国道246号線や伊豆縦貫道などの主要な幹線道路が集中する交通の結節点となっており、道路の開通により交通量も大変多い地域となっています。
こうした状況の中で、交通事故を減らすには、町民一人ひとりが交通安全意識を高め、交通ルール・マナーを守ることが大切です。
現在、長泉町内の事故件数及び負傷者数は表のとおりです。
交通事故の減少に向け、更なる交通安全啓発活動や安全施設の整備などに取り組んでまいります。

平成29年交通事故発生状況

(カッコ内は、前年同期との増減)

事故件数 負傷者数 死者数
平成29年9月末現在 225件
(−24件)
287人
(−32人)
1人
(−1人)
過去7年の交通事故状況
過去7年の交通事故状況
平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
事故件数 397 379 387 336 341 330 326
負傷者数 532 478 484 433 440 405 411
死者数 0 1 4 2 0 1 2

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

部署名
地域防災課
電話
055-989-5505
ファックス
055-989-5656
メールアドレス
bousai@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る