各課から探す

防犯

はしがき

「セキュリティ」という言葉が、巷に浸透し、個人宅への防犯機器や携行防犯グッズが普及し、防犯対策や安全への投資が広がる昨今です。これらは、犯罪企画者が私たちの日常生活の盲点や心の隙間を狙い、絶えず忍びよろうと画策していることへの警戒感の現われです。
住宅や車輌などと言った狭い範囲の対策は、比較的に簡単に対応がなされますが、地区や地域等の不特定多数を対象とした広範な対策は、そこに住まう人々の意識向上が対策の鍵となると言われています。
防犯対策のクロスワードとして、次のような手法が挙げられていますので、参考にしてみて下さい。
防犯対策には、建物や街路の物理的環境の整備(ハード的手法)と住民や警察、自治体による防犯活動(ソフト的手法)の有機的・総合的な構築形成により成し得ると言われ、これらを手法を取りまとめると、直接的な手法として、(1)対象物の強化、(2)接近の抑制と、間接的な手法として、(3)自然監視性の確保、(4)領域性の確保の組み合わせが重要です。

防犯環境設計
直接的な手法 間接的な手法
【対象物の強化】
出入口や窓の錠や扉、ガラスなどを強化し、建物への侵
入を防ぐ。
【自然監視性の確保】
外部照明の改善、街路や窓からの見通しの確保などによ
り、屋外に住民の目が自然と届くような環境をつくる。
【接近の抑制】
庭の周囲に塀により囲ったり、上方への足場を少なくする
などして侵入経路を制御する。
【領域性の確保】
住宅やその周辺の維持管理状況を向上させたり、住民の
屋外活動交流を促して、部外者が侵入しにくい環境をつく
る。

住民による防犯活動

矢印 矢印 矢印

警察や自治体などに
よる防犯活動

総合的な防犯環境の形成
(安全安心なまちづくり)

このページは、多くの方々に、防犯対策について考えて頂く機会として掲示しました。活用されることを期待します。

地域防犯活動

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

部署名
地域防災課
電話
055-989-5505
ファックス
055-989-5656
メールアドレス
bousai@nagaizumi.org
ページの先頭へ戻る